古民家の修正

 今、築130年の民家を修理している。最大で200mm 柱が沈んでいる。今の住宅では考えられないが、昨年まで普通に使用していた。
 沈んだ原因は床下に水が流れ込み、床下の土が締まり、玉石が沈んだものと思われる。
 130年の間に2回修繕をしたらしいが、70~80年前の修繕に外周の柱下に栗の土台が敷かれていた(土の上に直に)。
 古くから栗の耐久性を信じていたのだと思われるが、南側の乾燥しているところはなんとか残っているが、北側の地面が湿気ているところは土台がなくなっている。そして50~60年かけて土台のない柱は土の中にめり込んでいき、200mmという不陸になった。
 このような修理になると、若い大工は先が見えていず、経験もないので仕事にならない。
 というわけで、私と森棟梁と50年以上いる基礎専門の木目田親方の出番。私は小さい頃から古い家を解体したり修理したりは見てきている。森棟梁は山形で修行中に経験有り。木目田親方は何度も家を上げた経験有り。古しの箱ジャッキ、ダルマジャッキ、レール、コロを使って上げて移動するいわゆるヒキ家までやっている。
 3人が先頭に立ち、それに若い監督、番匠塾上がりの親方3名で現場に乗り込む。
畳をあげ、床を解体。5tのツメ付きジャッキ2台、1tを2台、3tのレバーブロック4台。鉄筋補強した特注敷石で工事開始。
 布基礎に乗っている建物と玉石基礎の上の違い、大黒柱を中心に桁・胴差し・鴨居、根がらみで構造を作っていることを説明。
 まず水平。そして柱を垂直にし、最後に仕口補強と1週間かけて直す。
 5tのツメジャッキの威力!大黒柱に横物がかかった時の耐力。3tレバーブロック4台。やっと垂直になる。仕口を金物で補強する。
 次の代の若者には素晴らしい勉強になったと思う。
 それにしても、昔の職人の知恵をじっくりと体験した。これで一人の若い監督、3人の若い大工が古民家は持ち上がることを体験し、伝えてくれると思う。
[PR]
# by sarex1 | 2006-10-02 14:26

9月上旬のうごき

9月4日(月)〈日本型リフォーム〉
 協力会社の勉強会で、私は増改築の職人のマナーの話をした。
 技術・技能は当たり前、お客様には埃、音、駐車、セキュリティ等に対する不安を与えながら仕事をさせてもらうのだ。この気持ちを監督、大工、協力業者に徹底させた工務店のみがリフォーム市場に残れる。
 大体、昼間お客様が住んでいる家に自由に出入できる国なんて単一民族の日本だけで、工務店経営者も「職人は絶対にまちがいをおこさない」という信頼のもとに仕事を頼んでいるのだから。
 しかし、あと10年、20年先、この型のリフォームができるかは疑問である。米国のリモデリングは、ほとんど居住者のいない空室でのみ成立している。多分、彼らは今の日本型リフォームは信じられないと言うと思う。この日本型を支えているのは、悪評が命取りの地域に密着した「SAREX型工務店」なのだ。
 私には見ず知らずの地元の人ではない営業に、簡単に仕事(特に内部に入る)を頼む施主の気持ちがよくわからない。

9月5日(火)
 全建連の四役会。
 実は今私は全建連という全国工務店組織の副会長をやっている。住生活基本法にもあるストック住宅を守っていくのは、地域密着型の工務店はしっかりと勉強し、伝統技術と新技術で地域を守っていかなければならない。そのため全建連本部にサポートセンターを組織し、工務店に情報を流し、本人が元請型工務店として継続していけるサポートをしたいと考えている。
 現在、特別委員会を組織し、私が委員長として企画・立案しているが、ありがたいことに正・副会長、常任理事の皆さんが賛同していて、「工務店組織づくりの最後のチャンスだから、青木さんに協力するから思い切りやってくれ」と言ってくれる。
 力不足であるので、どこまでできるかわからないが、工務店の経営者の現職の立場から、こうすれば仕事がとれる、人材育成ができる、地域に役立つ等、投げかけてみたい。

9月9日(土)
 夕方、SAREXメンバーの大沢工務店さんに伺い、1時間ほど話す。
 大沢さんは、職人型工務店の典型だと私は思っている。大沢さんの一言一言が私の物づくり魂を刺激し、気持ちが良い。多分、大沢さんも私の物づくり魂を少しは認めてくださり、相手になってくれるのだと思っている。
 大沢さんは昭和49年に独立し、地元の大きな家を専門につくってきた。戦後独立して工務店の看板を上げた人はたくさんおられるが、大沢さんが建てている所は、
・大きな家をつくるのに、大きな作業場を持った(これはSAREXメンバーの中でも最大級だと思う)。
・良い材、大きな材を丸太で買い、引き割り、材でストックしてある(これは我が社にも通じるところがあり、自己満足、税金対策、お客様へのアピール性で一致した)。
・大きな木工機械。大きな家をつくるためには大きな材が必要になるが、そのために日本に何台かしかない3尺幅の超仕上げ、自動、長さ3m以上の手押し、ハンドソー、全て7~8m幅で3尺材に対応。普段自慢などしない大沢さんが、私には気持ちがわかると思っていただいたのか話してくれた。
・職人から工務店になって成功した人には人格がある。また技能・技術の向上心がある。「大きな材を加工する時、直角(カネ)と寸法、削りを機械にやらせると、あとの手動具仕事が楽なのだ」と言う。言葉から、機械がなく大きな材を加工するのに苦労している工務店より、大きな立派な家を建てるための真の合理化が進んでいるのだと思った。
 1時間ちょっと、久しぶりに気持ちの良い会話をすることができた。会社の形は違っても物づくりの心は1つだ。「自分に恥ずかしくない仕事」。
 私は大沢さんに「お客のため」よりもっと深いものを感じた。

9月15日(金)
 この1週間で30年以上前に当社で施工したお客様のお宅の耐震診断をした。ソフトは財団法人日本建築防災協会の一般診断ソフトを使用。
 3件中1件は1.0をX・Y方向共クリアで、2階に火打ち梁11本取り付けのみ、他の2件は1階X方向(短辺)が0.68と0.92、他は1.0を大幅にクリア。0.68は耐震改修やリフォームを行い、0.92は内部壁の補強で0.988まで近づき、小屋筋かい補強で終了。
 「30年前、私が図面を描いて、私が現場を見てましたから」なんてお互い歳をとったお客様になんだか自慢しています。
[PR]
# by sarex1 | 2006-09-19 11:16

真面目に仕事をしています

8月31日で基本制度部会が終了。姉歯事件で建築士法、瑕疵保証の資産担保の問題の答申が出た。
建築士は講習と考査の義務付けでこの秋の国会を通る予定。
瑕疵保証の方は保険と供託、信託の仕組みが間に合わず、来春の国会に提出予定らしい。
いずれにせよ大手であれ、地域工務店であれ、真面目に仕事をしている者にとって公平な仕組みにしてほしいものです。

[耐震診断]
最近の私の仕事は昭和40年代、50年代の家に訪問して話を伺うことが多い。私が駆け出しで現場を見ていた頃のお客様はほとんどが60代、70代で、一番多い相談は「この建物地震がきても大丈夫でしょうか?」。
電話での問い合わせが来ると訪問して簡易診断―建防協のソフトを使っての一般診断をする。
結果は1.0近くのものが多い。その理由は外壁の壁に計算以上に筋交いが入っているため。真面目な仕事の大切さを改めて感じる。
今の仕事もあと30年経った時に同様の結果が出ることを望みます。

[省エネ診断]
断熱性能については30年前の建物は全くダメ。日本の国に断熱性能の考えがなかったことを痛感する。
天井―床―壁―サッシの優先順位で予算に合わせて断熱工事。さすがに15年前の建物からは断熱性は良くなっている。

[工事]
いずれにせよ、診断をする人はいても工事をする人がいなければ消費者は困るし、国も住生活基本法を満足させることはできない。
流しの交換、洗面台の交換、ユニットバスの交換はメーカー系の取り付け屋さんに任せて、性能アップリフォームを「地域に必要とされる工務店」としては頑張ります。
最近、昭和40年代からの図面、仕様書、契約書が大変役に立っています。
改めてもう一度「真面目に仕事をしてきてよかった」。
[PR]
# by sarex1 | 2006-09-04 10:35 | 審議会

充実の現場監督鍛錬塾!(06.06.05~06.09)

e0079013_14285473.jpg

6月5日(月)~9日(金) 現場監督鍛錬塾
木造住宅を主体とする工務店で、SAREXメンバークラスの社長はよく勉強している。また、営業系の社員も情報を得るためにセミナー等に参加する。
しかし、ものづくりの一番重要な職を担当する現場監督に対して、一定の教育をすることはほとんどなく、先輩たちの見よう見まねで技術を身につけていく。
かねがね、監督が身につけていなければいけない技術、安全等の統一した基本マニュアルがあるはずと思っていたところ、ISO9001を自立取得し、コンサルと戦い、自らの長い経験をまとめてくれた人がいました。長森建設の長森社長です。
私の会社も長森さんに指導していただき、ISO9001を3年前に取得しましたが、長森さんの資料の方が遙かに役に立ちました。そしてそのマニュアルを理解し、実践した監督とできなかった監督の実績に大きな差ができました。
今回、その資料の公開をしていただけるとのことで、是非SAREXのメンバーにも享受してもらいたいと思い、呼びかけました。今回は意図するところが伝わりきらなかったことや各社の意向もあり、11名という参加人数になりましたが、多分監督のみに対する合宿教育は日本で初めての試みです。
この11人の意欲ある各社の代表の監督が実績を出して、後期再び集合することを期待しています。

6月5日(月)
11:30よりオリエンテーション。青木、長森、野辺、下島の実行部隊+11名の各社監督。2~3年目の若手から20年選手のベテランまで。
私は「講習で技術・知識を習得することが第1の目的だが、この11人との情報交換も今後の仕事に役立つ」と説明。
午後からは「住宅品質管理とは」「施工計画書とは」を長森さんから講義。
この講習は、基本は技術習得の勉強会。まさに授業である。居眠りする者も一人もいず、今時の大学生とはやはり違う。経験をマニュアルにすることの必要性を理解しているのだ(意外と書いていなかったのは現場の作業日報)。
夜の部は家づくりの達人、駿河工房の今井社長の家づくり教室。
まず冒頭、各自に「なんで現場監督になったの?」との問いに各自戸惑っている。ほとんど全員考えたことがなかったのだろう。

6月6日(火)
施工計画書、仮設計画書の実務演習。私は昼頃から参加したが、全員顔を真っ赤にして取り組んでいる。
午後からは山辺さんの講義があるので、午前中で一応の形を作る。監督はいざとなるとなんとかまとめてしまう。全員仮設計画書は作ってあった。さすがと感心(なにせ、今回初めて「施工計画書」という言葉を聞いた人がほとんどなのだ)。
午後、図面と計画書を長森さんとチェック。
夜の部は全員施工計画書の続きを自習。私たち実行部隊は講師と懇談。

6月8日(木)
田中工務店の田中社長の「ブログの作り方教室」。11人全員で非公開ブログを立ち上げ、情報交換することを約束。
最後の夜はレストランで懇親会。3時間の間、いろいろと話す。全員、顔が生き生きしているのが印象的だった。
e0079013_14314879.jpg


6月9日(金)
上期修了式で全員発表。入塾式で書いてもらった文章とは格段の相違。
5日間勉強漬けなんて初めての経験だと思う。全員、施工計画書と日報(日報を1年以上真面目につけると、作業分解、材工がわかるようになり、技能者・技術者の能力差がきっちり出てくる恐ろしい書類なのです)、安全管理の必要性を言ってくれたのは嬉しい。
全員で記念写真を撮り、終了。

監督の仕事の大部分は計画と予測。このマニュアルを完成させたい(もちろん長森さんの許しがあれば)。
今回の鍛錬塾のような実務勉強会には今のメディアは反応しないのだということも実感した。
とにもかくにも、充実した4泊5日間の現場監督鍛錬塾でした。
[PR]
# by sarex1 | 2006-06-12 13:52

総会、大いに盛り上がる。(06.05.24~06.02)

5月24日(水) 総会
理事会
総会前の理事会。久しぶりに8名出席。決算、予算、事業計画の打ち合わせ。昨年はおかげさまで黒字で、設立時からの累損の一部を消せる。ありがたい。
総会は80名近い参加者。会員の80%出席で盛大に行う。SAREXの存在意義は正確な質の高い情報と参加する人々のレベルの高さ。場所を提供してくださっている雇用能力開発機構の方もびっくりしていた。
e0079013_18371237.jpg

工務店が元気にならなければ日本は良くならない。山田先生、藤澤先生、蟹澤先生、田口先生、小野先生、講演ありがとうございました。
懇親会は韓国料理で大いに盛り上がる楽しい1日でした。

5月25日(木) ワークショップ
e0079013_18393776.jpg

田中工務店さんの完成建物見学。SE工法の木3。「この辺は関東ロームなんて見たことがない。ほとんど地盤改良が必要」の言葉に、先進的工務店が感じられた。たぶん一般には2階建てくらいなら布基礎でやっている工務店が多いはず。
その後、田中さんの事務所でブログの活用の実際の説明。私は正直言って、ついていけないところだらけでした。……だからバトンタッチしたのだが。
場所をアビリティガーデンに移して、大和工務店の後関さんが段取りしてくれた耐力面材3社(ダイライト、モイス、かべ震火)の合同説明会。たぶん3社が一堂に集い、うるさい工務店の前で説明するのは珍しいのではないかと思う。
e0079013_18404692.jpg

冷静に説明を聞き、冷静に判断したと思う。ほとんどどれかを使っている工務店なので、使っていなければ一般的な質問が多く出るが、使っているので自分なりに納得している。さすがSAREXの工務店は大人だ。
後関さん、コーディネートありがとうございました。

5月29日(月)
先代がお世話になった方の奥様の葬儀に清水へ向かう。
帰りに90歳の一人暮らしの叔父が作っているグリーンピース畑で2人で30分くらい収穫。グリーンピースは収穫時期が短く、料理の種類も決まっていてやっかいな野菜だ。
その後、一番若い叔母の所に寄る。若いといっても70歳代。ご主人はみかん作りの名人。静岡県の最優秀賞を毎年もらっている。私も畑を作っていろいろ勉強しはじめたと言うと、今までみかん作りの話をしたことがなかったのに、いろいろ話してくれた。
果物は太陽の光で糖度が決まるので、みかん、ぽんかんの下にはタイベックシートを敷いて、下からも太陽の光を当てている。そして、水は通さないけど水蒸気は通す。
ほとんど家づくりと同じことを言っている。私が「畑で土のPHメーターを使っている」と言ったら、「みかん、ぽんかん、野菜も土の酸性度、アルカリ性度で適・不適が決まる。これはどんなに肥料をやってもどうしようもない……」。
やはり人より優れた人は物事を化学的に考え、データに基づく結果を出しているのだと、改めて尊敬した。肥料のこと、土のこと、(化学的に)いろいろ聞ける人が身近にいたことを発見。

5月30日(火)
全建連総会。SAREXも全建連の団体の1つだが、私と全建連のつながりを書いてみる。
全建連は国が認めた工務店経営者の団体として30数年前結成され、現在50団体ほどの支部で構成されている。
私は木造住宅振興室ができた時から全建連の委員として、当時の建設省、住・木センター、住宅金融公庫の委員会に出席してきた。せっかく貴重な資料が手に入っても、家をつくっている人(工務店)以外の人々にとって、ほとんど必要とされない、またその資料が流れるシステムがない。北米のNAHBのような組織がなぜ日本に存在しなかったのだろうと疑問に思っていた。
7年前に副会長になり、家をつくっている工務店のネットワークを作るため、いろいろ動いてきたが、力不足のため成果が上げられなかった。
昨年、岡田会長に私案として「このままでは工務店は取り残され、現存する住宅のメンテナンスをすることはできない。これではストック重視の国の方針に工務店は受け皿となれない。もちろん大手メーカーのほとんどは在来木造のストック、断熱、耐震、バリアフリーのことなどは考えていない。これは元気のある工務店の役割だ」と直訴した。会長は「私もそう思う」と言ってくれて、全建連工務店10,000社ネットワーク構想が生まれ、理事会、総会を通り、全建連のメイン事業となった。
まず、各団体を通じリストアップ、アンケート調査をして、情報が直接工務店に伝わるシステムを考え、日本の50%以上の家をつくっている工務店の要望を国の施策の参考になるようにする。そうすれば、30年くらい前に出現した住宅メーカーのものまねで仕事を取ることもなく、化学メーカーが作った新建材の取り付けをさせられることなく、工務店の目で使いやすい、メンテのできる日本の国の環境に合った材料で家づくりができるようになる。この30年間に我々が使ってきた建材は、ほとんど否定されている。
SAREXの結成の理念には、工務店中心の家づくりがある。これを全建連にも広げていきたいと思う。

5月31日(水)
社会資本整備審議会、基本制度部会に出席。建築士制度の見直しについて、
・免許の更新制:他の資格との比較
・免許の講習制:宅建等
・建築士が構造を確認できない:構造
・意匠、構造、設備に分化:規模にもよる
・法規制はどこまで踏み込むか:やりすぎてもダメ
・設計責任:業との関係、責任がとれるか
・倫理教育が大切
・建築士の団体加入義務付け:信頼のおける団体に
等が出る。次回は全戸瑕疵保証の義務化が議題。

6月1日(木)
住団連総会パーティー。さすが住団連。虎ノ門パストラルにて、北側大臣他28名の議員、国土交通省山本局長、和泉審議官他大勢。関連団体300名くらいが参加。
和田会長(積水ハウス社長)より「消費税アップに対して住宅を特別に考えてほしい」との要望。
※住団連は現在、全戸瑕疵保証義務付けに反対しているが、全建連としては賛成の立場をとっている。保険の形は未定であるが、消費者の立場、また責任ある工務店の立場から10年、20年の瑕疵保証は必要で、そのための保険システムは確立してほしいのが理由。大手は自社で、工務店は保証なしの現在の構図では、消費者に理解は得られないと思う。

6月2日(金)
昔、神奈工の建築を出て、番匠塾1期生として入社し、2年間監督見習いをやっていたが、サッカーで傷めた半月盤がダメで断念。退社して7年間運送業界にいた末次君が再入社。きっかけは今年の初め、両親の家の増改築の依頼があった。20代の若い建築係がほしいと思っていた私は、思わず彼の笑顔が思い浮かび、担当者との打ち合わせの時、ご両親に「建築に戻すつもりはありませんか」と問い合わせた。特にお母さんは大乗り気で本人に何度も電話をかけてくれたらしい。
本人と7年ぶりに会い、あの笑顔を確認。本人もその後何回か住宅の現場は見たが、青木の仕事とは比べようもなく魅力がなかったとのこと。青木洗脳の犠牲者だ。きっと頑張ってくれると思う。
[PR]
# by sarex1 | 2006-06-05 18:34