スペイン―イタリアに行ってきました

10月13日(水)~21日(金)、スペイン―イタリアへ行ってきました。

マドリード
あちこちで工事中。景気が良いらしく、マンション価格はこの2~3年で1.5倍以上らしい。ユーロ貨幣の統一で物価が上がったとか。消費税は16%とのこと。
タイル工場見学。FOB価格を聞くと、やはり1.5倍以上の値。輸入価格は、これにユーロの為替が関係していて難しい。

トレド
城壁の中の昔のスペインの首都。中央の教会、1400年代に260年かけてできたとのこと。石工の技術の重さがうかがえる。
途中、大規模な分譲マンションを見学。最近、3LDK90㎡→2LDK70㎡が中心とのこと。値上がりが激しい。

バルセロナ
ガウディの作品の見学で日本人ツアーが多い。
サグラダ・ファミリア、100年以上も前から建設中。あと150年はかかるとのこと。100年前に作った石像が一部風化し作り直している。資金は入場料+寄付。昨年200万以上の人が訪れたとのこと。
…できあがるのかな? というのが率直な印象。
それにしてもローマ時代の教会の規模とお金のかけ方は比較にならない。
その後、ガウディの公園、市内の共同住宅2棟とガウディ一色の一日でした。

ホテル列車でバルセロナ―ミラノへ移動。部屋は上下ベッドでシャワー、トイレ、洗面付、2m×2.8m。新しい列車で比較的快適。朝8:30ミラノ着。

ミラノ
王宮、スカラ座を見てドゥオーモ(大聖堂)。これで3度目だが、ゴシック様式の美しさを再認識。
町のあちこちに遺産だらけ。
家具のショールーム5ヵ所まわる。

ラベンナ
途中キッチンの工場を見る。大きな工場だが日本向きのうるさい要求に慣れていないため、すぐには使えない。
ラベンナ市内のレンガ造のモザイク画で有名な教会。さすがに500年以上経つとレンガ造は少し傾いているが、モザイク画はみごと。

リミニ
最近はやり出した引戸の工場を見る。100人くらいの工場だが儲かっている様子。
途中ロマネスク様式のモザイク教会へ寄る。大空間の屋根は木造で支えている。そのスケールは見事。

フィレンツェ
サンマルコ教会。王宮他を歩いて見る。
残念ながら今回もフィレンツェ科学史博物館は入場できず。
イタリアはガソリン180円/リットル、消費税20%、物価は高い。この感覚は日本の物価が下がったためと思われる。

8泊9日を終え、無事成田へ到着。

10月22日(土)
 事務所へ出勤。山のような書類整理。午後からホームページ更新。
 
[PR]
by sarex1 | 2005-10-24 11:19
<< 外壁に杉板を 10月中旬のうごき >>