11月上旬のうごき

11月5日(土)
家内が日光に行ったことがないとのことで、出掛ける。
塩原から紅葉の盛りの道を通って日光東照宮へ。あいにくお茶会(裏千家)の人たちが使用中とのことで中に入れず。でも入場料1300円はしっかり取られる。
観光客の中に外国人が多く、中国・韓国・ヨーロッパ・北米と様々。
やはり世界遺産に登録されただけある。
日光へ行く度に木を保護するために漆喰や顔料塗料で彩色されているのを確認する。
日本の家は、白木づくりとは言うが、昔から100年もたせるためにはしっかりとした塗料が必要だったのだ。
今はやりのオイルフィニッシュはその耐久性に無理があると思われる。早く外部木部に10年くらいもつ塗装方法が確立されればと思う。
Fe2O3(紅殻―ベンガラ)やFe3O4(黒さび)なんか昔から使われていて良いが、白木には仕上がらない。

11月7日(月)
長く勤めていた男性の経理が体調を崩し退職するため、ハローワークで募集。
書類選考後、5人面接。今回は女性のみ。
5人中4人は1人住まいか子ども1人と住んでいる。やはり女性はたくましく生きていると実感。
結局、家族持ちの50代の女性を採用する。

11月8日(火)
ジャパンホームショーに毎年会っている人と年に1回の再開のために行く。
20年近く付き合っているシアトルの輸出業者(2代目)高橋 元 氏が仕掛けたエコスの会、SAREXメンバーのプレイリーホームズ、タニタハウジングウェア、笠原木材、ハシバ920 他、頑張っている姿に刺激される。
SAREX型完成保証制度づくり検討委員会に出席。

11月9日(水)
I.S.Oの内部監査。
経営者の担当部分を午前中にガッチリ質問される。
結論。工務店は経営者の考えを伝える現場監督(代理人)の素養で決まる。
現場施工計画、予算計画と全て事前に組み立てられることが必要。

11月10日(木)
秋田県から木材関係2名と県の職員3名とで秋田杉のめーけっと調査に来る。
15年前から秋田杉に対して言っていることを再び言う。
1.寸法
2.乾燥
3.天杉以外の造杉の品質のバラツキ
4.価格 
今売ろうとしているのは天然杉(秋田杉)でなく造林木である。イメージだけで売れるほど一般の工務店は残念ながら木に興味はない。
でも、日本は杉をなんとか使わなければならない。

午後、全建連アドバイザー会議
このアドバイザー会議は日本で唯一の工務店組織、全建連を活性化するために藤澤先生を委員長に組織され、国交省、公庫、保証機構、その他有識者で構成されている。
来年度、家をつくっている工務店への情報発信について、全建連として改革が必要との意見が出た。
人材育成、住まいのメンテ、耐震、省エネ、国産材…全て工務店の仕事だと思います。

11月11日(金)
社員の結婚式。
芝浦工大の藤澤研究室出身のため、芝浦のOB同級生10人、先生と若者中心の結婚式。
最近出席する式はほとんど教会式で、新婦はウェディングドレスを着てエスコートされて出てくるが、やはりその方が女性が美しく見える気がする。
今後、専務の片腕と期待する若者で、これで落ち着いて仕事を覚えてもらいたい。

11月12日(土)
中野工務店の中野さんに頼まれて、中央工学校の同窓会でシックハウスとアスベストについて話す。
日頃からお世話になっている中野さんからの頼みなので、喜んで軽井沢の研修所へ。
中野さんは100年も続く中央工学校の同窓会の会長をされていて、集まった人は中央工学校の先生や卒業されて成功した人が中心。
プレッシャーの中、無事終了。

11月13日(日)
今日は商工会議所主催の大和市産業フェアー。役員として1日参加。
各種団体の宣伝ブース、製品紹介、と6~7万人の参加あり。
毎年青木工務店として出展したいと思いつつ、出せない。
結局私の代ではできなかったことの1つとして、次の代に託すしかない。
[PR]
by sarex1 | 2005-11-15 16:02
<< 11月中旬のうごき 燃やしながら考えること >>