工務店の組織を作るためにはSAREXが中心に!

12月15日(木)
本日はSAREXのワークショップと全建連の会議とがバッティング。通常はSAREX優先なのだが、本日は重要案件があるのと全建連・城戸専務理事が今年いっぱいで退職するため、全建連の三役会、理事会に参加。
午前中の正副会長会議は生憎会長が体調を崩し、欠席。副会長4名と専務理事とで開催。城戸さんの後任人事の件と来年以降全建連をどうするかについて熱く語った。
私は常々工務店が家づくりの中心にいながらいろいろな情報、政策に対して後手後手にまわっているのはしっかりとした工務店組織がないためと思っている。これに応える組織は全建連だと思い、副会長の職を受け、いろいろと活動に参加してきたが、先が見えない…。
…というわけで私案として会長に話そうとペーパーにして持参したが、生憎欠席。副会長と専務は賛成してくれたので、あとは全体案を打ち合わせする。
午後の理事会は15:30頃終了。直ちにアビリティーガーデンに向かう。
e0079013_173960.jpg

ワークショップはちょうどモイスの説明をしている時で、私も「アスベストは見分けるのが難しい」、「窯業系建材を丸鋸で切る時にはくれぐれも防塵マスクを着用するように」、それと「禁煙」を強調する。
終了後、近くの飲み屋で懇親会。工務店の組織を作るためにはSAREXの活動が中心になると思います。

12月17日(土)
今年初めての構造見学会。なかなか開催させていただけないので、久しぶり。
近隣へのチラシ配りは遠慮して、打ち合わせ中のお客様へDM。寒い日だったが断熱工事が終わっていたため、ストーブ一台で17~18℃は確保できた。
5組の来場で、ゆっくり説明ができた。やはり時々は開催しなければ。
[PR]
by sarex1 | 2005-12-20 11:32
<< 来年は工務店の集団としてますま... 来年のSAREXは現場監督を育... >>