来年は工務店の集団としてますますSAREXが面白くなる!

12月18日(日)
森棟梁の長男が母親と嫁さんをつれて結婚のあいさつに来る。実は彼、今から約20年前、中学の時専務と同じクラスで「哲ちゃんが青木工務店を継ぐなら、俺はオヤジの後を継いで大工になって職人を仕切ってやる」と言ってくれたことがあった。頭も良く、順調に高校も建築科を卒業。
将来を考えるようになった頃、食事をしながら、私の方から「ぜひオヤジの後を継いで大工になってくれ」と頼んだが、残念ながら建設会社に就職。以来、2級建築士、1級建築士と免許を取得、工事主任として活躍している。
今でも森棟梁は「継いでほしかった」と言うが、私にとっても大変残念なことであった。
あと30年たって、どちらの人生が良かったか分かると思うが、今のところは大変幸せそうである。

12月19日(月)
例の姉歯問題での建築審議会へ出席。正式には「基本制度部会」という名称になった。
部会長には村上先生が就任、26名の委員という大変大きな委員会だ。
偽装問題。建築確認、検査制度、構造計算プログラムプロジェクト(委員長・久保哲夫先生)について審議をする。
せっかく民間への流れがこんなことで変わることにでもなれば、建築関係者として消費者に対して恥ずかしいという思いでいっぱいです。一つのグループだけの問題であることを祈ります。
長く続ける意志のある工務店にとってリスクが多すぎて一銭にもならない損な話で、彼らは2~3年で業界から撤退するつもりだったのだろう。

12月20日(火)
午前中、市の審議会の出席、再開発の都市計画決定とする。これで法の網がかかり、再開発地域に勝手に建築することができなくなり、開発は大きく前進する。3年で竣工予定とのこと、地域住民としては楽しみだ。
午後、能開大東京校へ向かう。大勢の職員、先生が迎えてくださり、説明、見学させていただく。
e0079013_1701215.jpg

SAREXのような工務店集団が若者を雇い入れる場合、能開大のような安い授業料で設備が揃っている大学校と提携して卒業後入社させるシステムが最高だと思います。宿泊施設も有り、全国から入学できます。資料は事務局へ。

12月23日(金) 天皇誕生日
大手術をした友人を、仲間二人と見舞い。
60過ぎたら若くない。彼だけが健康で医者にかかっていなかった。私も経験しているが、今の彼にとっては病気のことより親から継いだ仕事を次に伝える覚悟の方が大きいはず。幸い長男が継ぐつもりで修業に出ていたので、急遽戻して、子供3人で頑張っている。
思いのほか元気で、大きな声で1時間以上話をして帰る。
23年前の事が思い出される。あの時ダメだったら廃業せざるを得なかった。なにせ子供は小学生、父親も入院していた。中小企業を継続することは大変です。まず健康第一!

12月24日(土)
友人の事務所に寄る。長男と、嫁に行った妹が真剣な顔をして仕事をしている。寄って一声かけるだけのつもりが、15分以上、自分の体験話をしてしまう。長い歴史のある会社はお客様が寄ってくれる。取引先が寄ってくれる。社員が寄ってくれる。明確な跡取りが存在すれば、あとは本人の努力。何となく嬉しい気持ちで帰ってきた。

12月26日(月)
SAREXから『NOBEX』が送られてくる。
先週はカレンダー配りでお客様を廻ったので、今週は片付け、28日に仕事納め。
1月は7日仕事始め。新年会で2006年がスタート。メインイベントは若手大工と蟹澤先生によるカンナのうす削り大会。
1月になったらアップされる新年の挨拶にも書きましたが、工務店の集団として、SAREXは面白くなりそうです。
[PR]
by sarex1 | 2005-12-27 18:35
<< 年始は「薄削り大会」で盛り上が... 工務店の組織を作るためにはSA... >>