3月中旬のうごき

3月14日(火)
会議所で神奈川県産業総合研究所を見学。立派な施設だ。
バブル時計画したらしく、御影石貼りのぜいたくな施設……と入ったときの印象は、説明を受けて一変。担当部署の所員の人が仕事の合間に説明してくれるのだが、私のようなうるさい質問にも丁寧に専門的に答えてくれる。電子顕微鏡を操作している職員の方は、説明のレベルに合わせて倍率を変えてくれていた。久しぶりに無響室に入っての説明では、出張して音のレベルも測ると言っていた。費用も安い。2~3年前から所長が代わって施設の有効利用で黒字になったとのこと。
所長の「業界と研究者との仲人役に徹する」との言葉が印象に残った。また金融機関にも企業の研究の成果を説明して、企業支援に協力してくれるとのこと。我々工務店もこのような施設と協力してアイデアをオーソライズするのに利用できると思う。野辺さんも内部にパイプを持っておられるので、是非利用をお勧めする。化学、機械、情報等、種々に分かれて研究している。

3月15日(水)
1ヵ月かけて手刻みした家の上棟に出席。210×210の角材はプレカットに入りづらい。久しぶりの胴差鴨居上棟時に組み込む。やはりこれだけで木材を組むのを見るのは楽しい。梁代は私が描いたのでなおさらだ。
お客様の挨拶で道路の前の八百屋さんから「お宅の大工さん、若くて挨拶が良い、と言われた」と喜んでくださった。私も大満足の上棟式。

3月16日(木)
ストック住宅の流通の評価表作り。一番揉めたのが、住宅の耐震性能を書き入れる項目。
今まで土地本位制できたので問題なかったが、建物を評価するとなると耐震性、劣化度合いが重要になる。ほとんど不動産物流の大手の会社なので、ものづくりの視点に立ってない。私が「耐震性が0.5と出た建物を消費者が買うと思いますか」と質問したら、答えはなかった。
不動産の流通の中に建築士と技術職が入り、できるだけ新耐震基準になるように補強して流通に乗せることが大切だ。これが工務店のビジネスチャンスになる。そのためにハード・ソフトとも工務店がプロとして勉強することが大切。

3月17日(金)
松下エコシステムが換気扇国内生産1億台突破したことで、記念品を持ってきてくれる。立派な額だ。Qhiファンの設計に協力したからなのだろう。また個人的に会長昇進祝いというものをいただく。まだ現役を続けるつもりだが、お祝いはありがたくいただいておく。
午後から全建連四役会に出席。私の会長宛の私案を説明。会長にも賛成していただき、私を中心に特別委員会を作り、来週の理事会を通れば工務店の組織作りに着手する。

3月18日(土)~21日(火)
塩原で畑の土作りと屋根の葺き替え。若手大工2名と合宿作業。途中、風が強かったり、雨が降ったり、ワールドベースボールクラッシックの決勝を見たり、カインズホームで屋根材他を買ってきたりして直す。
普通の増改築に必要な建材、資材、道具は全てカインズホームでOK。まったく便利。大工がいれば日本中どこでも増改築OKの時代ができつつある。
[PR]
by sarex1 | 2006-03-22 19:11
<< よく勉強する、元気な工務店の仲... 3月上旬のうごき >>