よく勉強する、元気な工務店の仲間が増える

3月23日(木)
午前中、病院へ。
10月に25年来の主治医に血液データを見ながら「これ以上薬では無理。10㎏減らさないと責任持てない」と脅かされ、りんごダイエットを開始した。現在8㎏減。先月の血液データは2~3を残し劇的に改善。これであと10年は生き延びれるとのこと。
喜び勇んで全建連理事会に出席。理事会で工務店連合にするための特別委員会設置を決議。
いよいよ日本唯一の工務店組織作りに着手する。日本のNAHB作りに半歩前進。
その後、遅れてSAREXワークショップへ。各社の取り組みの現状発表。
e0079013_1654473.jpg

宇都宮から吉田工務店さんが、東京から岡庭建設さんが来ていて仲間になってくれるとのこと。
このところ毎月仲間が増える。ありがたい。

3月24日(金)
過去50年のアスベスト含有建材の検索システムを作る委員会へ出席。
4月中旬からはSAREXメンバーにモニターになってもらわなければ。

3月26日(日)
昨夜退職祝いをした大工が息子と挨拶に来る。
15歳で福島から出てきて住み込みで先代に大工を仕込まれた。70歳まで、55年間。彼の歴史は青木工務店が会社組織になってからの歴史とぴったり一致する。
彼の「2人の子どもを一人前にでき、老後の蓄えもできたのは青木工務店に勤めたおかげです」という言葉には重みがあった。
私が育てた9名の大工に40年後同じ言葉をもらえるように社長に伝えたい。もちろん私はその言葉を聞けないが。
息子は東電に勤めていて、時々青木工務店のホームページを見ているとのこと。彼も青木工務店のアパートで他の大工と一緒に育ったのだ。ホームページにはみんなの顔写真が載っているので懐かしいとのこと。
4月からはその息子の家に同居するそうだ。

3月27日(月)
日東木材の社長の自宅を公開してTERRA・ラーメン・国産材のテーマで現場見学とセミナーに参加。長森さんと車で出掛ける。
木造ラーメンを取り入れることで広い間口が可能となり、これに齋藤会長の長い間のテーマの柱勝ちの構造を取り入れている。さすがに構造体が上棟しただけ迫力がある。
e0079013_15324479.jpg

齋藤さんのものづくりの情熱にはいつも敬服させられる。
その後、ホテルに移動して設計者、天竜杉の林業家、齋藤さんの話、野辺さんのセミナーと続く。
会場は満席で、SAREXメンバーも大勢参加していた。どこの勉強会に行ってもSAREXメンバーはいる。よく勉強している。

3月28日(火)
61歳の誕生日。
70歳の一人暮らしの女性の方の水回りの打ち合わせに行く。
昼食もいただいて、12時から17時過ぎまでほとんどお客様が話していた。私と社員は聞き役。人生観、生活観、日常の生活がわかって、提案もスムーズに。
[PR]
by sarex1 | 2006-03-31 15:26
<< 面材戦争が熾烈化 3月中旬のうごき >>