面材戦争が熾烈化

3月29日(水)
16:00~建材試験センターで国交省のアスベスト含有建材使用状況評価システムの委員会。
村上委員長のもと、各界の実務者レベルで活発な意見交換。戦後の住宅の仕様書とアスベスト含有建材を見つけ、解体処分時の参考にする。
4月になったら評価表を実際に使っての検証をする。SAREXメンバーの出る時だ。

3月30日(木)
商工会議所総会に出席。
毎年、市長から市の計画について講演をしてもらう。今年は第7次総合計画がスタートするが、やはりお金がないのがわかる。
会議所で進めているシビックセンター構想の座長をやっている。商工業者が集まって夢を語り、街をどのように再構築するかを検討しているが、今のところ市が5,000坪の敷地を貸してくれることだけ決定している。先は長いが道筋だけはまとめたい。
夜、会議所の職員の定年退職送別会がある。私より1年後輩。もう年下が定年を迎えるのだと思うと感無量。

3月31日(金)
三菱商事建材が建築知識、例の日経アーキテクチュアとホームビルダーの別冊、立派な写真入り小冊子などを持ってくる。
私に何かコメントを言わせたいらしいが、断る。メーカーも熾烈な戦いをしている。
私は木材、建材を確かめて、お客様に今できる一番よい家をつくらせていただいている工務店のオヤジで、評論家ではないのです。

4月1日(土)~2日(日)
塩原の瓦工事が終わったので、見に行く。
ガルバ波板と手葺の納まりがうまくやってある。
コンポストに広葉樹の落葉を入れてたい肥を作っているが、N(チッソ)分が不足する。魚肉の残りを入れると良いのだが、あまり食べないので残りかすが出ない。鶏糞は抗生物質が多い。牛糞は狂牛病の薬を使っているかも。
ホームセンターで豚の糞を見つけ、これは多分安全だろうと思いコンポストに入れる。これでタンパク質の豊富な枝豆が育つ。
5年前から定住計画を立て花木を植え始めたが、苗木を買って植えても4~5年は木に力がなく、花がうまく咲かない。
4年前に植えたソメイヨシノ20本が今年は花芽を一杯につけている。今年こそ花の下で写真を撮りたい。
イタリアから昨年空輸したクロッカスが黄色と紫の花を咲かせている。チューリップも元気に育っている。

4月3日(月)
社長と「青木宏之」さんの弟さんの所へ木造アパートの大改造計画を提案しに行く。
実は6年前、当時新進党の衆議院議員の「青木宏之」氏が審議会の報告書に載っていた「青木宏之」という私の名前を見つけ、電話をかけてきたのをきっかけに「青木宏之の会を作ろう」と全国で百数十名リストアップして、第1回会合を新橋で開いた。
10名ほど集まったが、有名な人が多かった。
議員の青木宏之氏から「この中で奥さんの名前が“きみこ”の人はいますか」という質問が。私の家内は確かに公子(きみこ)というので名乗りを上げる。
すると「年齢は?」「結婚した年は?」「小さい時は何と呼ばれていた?」全て一致。彼は昭和20年1月20日生まれ。私は昭和20年3月28日生まれ。奥さん同士も同じ「きみこ」で同じ年齢。結婚したのも昭和45年…ということですっかり打ち解け、その後も交流が続いている。
前置きが長くなったが、その時に同席した浅草でプラスチックプレート加工をしている(株)アオキの青木宏之氏の弟さんの仕事。
お客様は耐震性、劣化に不安を持っている。これは古い家を持っている人共通の不安だ。同姓ということで私が担当して企画書を提出。ついでに社長の担当で自宅の耐震診断を受注する。
大建工業の部長が来社。SAREXスタート時からの資材会員だったが、退会したいとのこと。
最近の面材戦争の中、SAREXの会議に出るのがつらいとのこと。ちょうど理事会でも「ダイライトをSAREXの推奨品から外した方がいいのでは」という意見が出ていたこともあり、「仕方がない」と言う。
日本で初めての無機質系耐力面材として私は早くからダイライトを採用し、欠点をカバーする工法を工夫して使ってきた。現在も使用していますが、ダイライトは後発メーカーの攻勢に遭い苦戦しているようだ。
あまり言い訳は言わない、技術的な良い会社なのだが、情報開示の工夫がなく、その点においては遅れ気味で誤解を生んでいる部分がある。

4月4日日(火)
昨年の暮れに中国木材の山本くんに言われて中野さんと一泊で中国木材伊万里工場へ行き、近隣の杉材を見てきた。今日放送される『ガイアの夜明け』の撮影のためだ。
ディレクター、カメラマン、音声の3人組で何時間も撮影したが、映ったのは中野さんの後を歩く姿のみ。
前にも経験しているが、何百倍も撮影して、後でディレクターが作ったストーリーに沿って必要な映像だけをつなげる。ディレクターには木材を使う側の意見より美しい山、木を育てる姿が印象に残ったのだろう。
それにしても大分の山林家(若い後継ぎの女性)の方は寒い中、火を焚きながら林の中でインタビューしていたのに、木を切っている職人ばかりが映り、全然出てこなかった。世話になっただけになんとも申し訳ない気持ち。

4月5日(水)
朝、7~8人の友人たちからメールや電話で「『ガイアの夜明け』に出ていたのは青木だろう」と連絡が入る。みんな結構見ているんだ。
今は富士通の専務をやっているMくんからも「高校時代の面影が残っていたので」と結婚式以来の連絡がくる。
それにしてもTVに映る姿は、私の人生最重量の時のためデブですね。今は8㎏ダイエットで大分スリムになりました。
[PR]
by sarex1 | 2006-04-07 11:56
<< SAREXに新しい仲間が増えました よく勉強する、元気な工務店の仲... >>