真面目に仕事をしています

8月31日で基本制度部会が終了。姉歯事件で建築士法、瑕疵保証の資産担保の問題の答申が出た。
建築士は講習と考査の義務付けでこの秋の国会を通る予定。
瑕疵保証の方は保険と供託、信託の仕組みが間に合わず、来春の国会に提出予定らしい。
いずれにせよ大手であれ、地域工務店であれ、真面目に仕事をしている者にとって公平な仕組みにしてほしいものです。

[耐震診断]
最近の私の仕事は昭和40年代、50年代の家に訪問して話を伺うことが多い。私が駆け出しで現場を見ていた頃のお客様はほとんどが60代、70代で、一番多い相談は「この建物地震がきても大丈夫でしょうか?」。
電話での問い合わせが来ると訪問して簡易診断―建防協のソフトを使っての一般診断をする。
結果は1.0近くのものが多い。その理由は外壁の壁に計算以上に筋交いが入っているため。真面目な仕事の大切さを改めて感じる。
今の仕事もあと30年経った時に同様の結果が出ることを望みます。

[省エネ診断]
断熱性能については30年前の建物は全くダメ。日本の国に断熱性能の考えがなかったことを痛感する。
天井―床―壁―サッシの優先順位で予算に合わせて断熱工事。さすがに15年前の建物からは断熱性は良くなっている。

[工事]
いずれにせよ、診断をする人はいても工事をする人がいなければ消費者は困るし、国も住生活基本法を満足させることはできない。
流しの交換、洗面台の交換、ユニットバスの交換はメーカー系の取り付け屋さんに任せて、性能アップリフォームを「地域に必要とされる工務店」としては頑張ります。
最近、昭和40年代からの図面、仕様書、契約書が大変役に立っています。
改めてもう一度「真面目に仕事をしてきてよかった」。
[PR]
by sarex1 | 2006-09-04 10:35 | 審議会
<< 9月上旬のうごき 充実の現場監督鍛錬塾!(06.... >>