<   2005年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

工務店力向上ワークショップ

合宿2日目

9:30 サン工房集合。
今回は車11台の大キャラバン隊。
e0079013_15534028.jpg

展示場と現在新築中のアトリエを見学。みんな「うーん」とうなる。
e0079013_15541727.jpg

これはめったなことではマネできない。

展示場に戻り松井さんの経営理念を聞く。
どうやら今年から新しい方針を打ち出した感がある。
主に営業戦略の詳しい話をお聞きする。
e0079013_15543656.jpg

質問にも気軽に応えていただき、20数名いた工務店は大変参考になったと思います。これがSAREXのいいところで、普通は聞けない話を仲間として話してもらえる。

午後はOMソーラー協会の地球のたまごへ。
ここから長森建設の長森さんも参加。
e0079013_15534224.jpg

施設を見学。環境共生、0エミッションを目指しているとの説明。
木造部はSAREXメンバーの日東木材産業のロケット工法。プレカットも。
真夏と梅雨時、台風対策が大変とみた。

その後、会議室を借りてセミナー。
今回、SAREX入会(してもらう)予定の工務店5~6社が参加している。
野辺さんの2008年問題の話の後、私の一口化学講座。100%自然素材の難しさを話す。
e0079013_15535824.jpg


5時に浜松を出発。車で270㎞の道のりを帰る。

今、日本中でこんなに意識の高い工務店の集まりはめったにない。SAREXもパワーが出そうだという思いを強めたワークショップだった。

次回は青木工務店で準防火地域での外壁板張りの可能性を掘り下げる。
[PR]
by sarex1 | 2005-09-30 15:55 | ワークショップ

工務店力向上ワークショップ

合宿1日目

富士のマルダイに集合。深澤社長のあいさつに続き倉庫を見学。
神代杉、ケヤキ角丸太、銘木などを見る。
圧巻は幅2m、厚さ40㎝、長さ7.4mの神代杉。樹齢2500年。何に使おうか。
e0079013_14485014.jpg


7台の車に分乗し、富士ひのき加工協同組合へ向かう。
説明に続き工場を見学。
ヒノキの背割りなしKDに興味。
e0079013_1449532.jpg


時間いっぱいでそそくさと次へ移動。
1時間遅れで駿河工房へ。今井さんが待っていてくれる。
e0079013_14481441.jpg

人材育成について資料と共に焼津展示場で熱く語る1時間のセミナー後、現場を見せてもらいつつ、そのまま浜松へ移動。

だいぶ送れて浜松へ到着。
浜松ではサン工房の松井さんが待っていてくれた。
夕食を兼ねた懇親会にはSAREXメンバー以外を含む総勢26名が参加。大いに盛り上がる。
e0079013_14483957.jpg

今時、元気のよい工務店がこんなに集まるとはSAREXのこれからに期待できる。
[PR]
by sarex1 | 2005-09-30 14:49 | ワークショップ

SAREX型完成保証制度づくり検討委員会

9月21日(水)

SAREX型完成保証制度づくり検討委員会始まる。
工務店メンバーからは青木工務店、小林建設、鈴起建設、中野工務店、益田建設が参加。
オブザーバーとしてSAREXコラボレーターの岩下繁昭氏も参加。

工務店の保証の実態を各自が本音で発表。併せて瑕疵保証、地盤保証等の保険料の検討などかなり実のある会議になった。
工務店は団結して勉強しなければと思う。
これはフラット35の分割支払いにもつながる。
[PR]
by sarex1 | 2005-09-26 11:30

OZONEで講演してきました

9月17日(土)
新宿のOZONEで林野庁の天田さん頼まれて全木連主催の会で話をする。
今回は消費者と一部設計者、工務店などのプロの方が30名ほど参加。
工務店なので、「ムクの木を使って家をつくっている」と話をする。
OZONEに展示してあるサンプルの説明、うそではないが、商業的に意識的に説明していないところを指摘。
質問時間には防蟻のこと、自然塗料のことなどが消費者から出たが、なぜか工務店、設計者の人からの質問がなかった。
天田さんにパソコンの操作をしていただき、すっかりお世話になりました。

階下で『住宅建築』誌30周年のイベントが開かれていて、SAREXのメンバーである田中工務店中野工務店の名前も掲示してあった。
仲間ががんばっていると嬉しくなる。
[PR]
by sarex1 | 2005-09-21 11:23

9月上旬のうごき〔その2〕

9月13日(火)
今日も京王プラザホテルで住団連主催のI.H.A(国際住宅協会)の中間総会に参加。
和田会長から住宅基本法設立の発表。
NAHBの2004年度会長も参加していました。それにしてもNAHBの会長レイバン氏、出身はミシシッピー州なのに水害は大丈夫なのか(ちなみにこの会長の会社、社歴33年。今までに3,300戸の家を建設している)?

9月14日(水)
国際住宅建設・性能保証会議の打ち上げパーティーに専務夫妻を連れて参加。
外国からのお客様は参加していたが、日本側は4日も続くと少人数になっていて、接待役を務めました。
途中、バンド演奏が始まるとほとんどの人が踊り出してその変身ぶりにビックリ。
次回はイギリス―スコットランドでの開催だそうだ。

9月15日(木)
e0079013_11105499.jpg午前中、日商の総会。各党の党首が来て歓談。まるで選挙演説。
懇親会には小選挙区の議員も参加→日本の選挙構造の一端を見る。
夕方、SAREX理事会に参加。
SAREXに興味を持ってくれはじめた工務店が多いことに感謝。
芝浦工大×SAREX 公開講座にも参加。講師は大橋先生。
地震と木造についてわかりやすく講義していただいた。
[PR]
by sarex1 | 2005-09-20 18:48 | 公開講座

9月上旬のうごき〔その1〕

9月5日(月)
国交省審議会 アスベスト問題委員会に出席。
第1回目なので、委員長を選出。村上先生を委員長にスタート。

国交省の説明は
「基準法から防火材のアスベスト使用材は除いてあるが、使用禁止とは謳っていない。これは既存住宅に大量に使われているアスベスト建材に対する処置」とのこと。
むろん、新しく使われている建材は0アスベストになる。

いつも思うのですが、工務店は少しでもお客様のことを思って建材を選定し、それが結果的に害があるとわかると当事者にさせられる。
対抗策は勉強して情報を掴むことだ。

今回、マスコミ関係(TVも)、消費者団体のオブザーバーが多く、緊張した審議会だ。

9月7日(水)
SAREXメンバーであるケイ・ジェイ・ワークスの新事務所およびモデルハウスのオープン記念イベントに参加。300名以上の方が集まり、盛大に開催された。
SAREXからは野辺、齋藤鈴木小林さんなどが参加した。
私も2部の勉強会で20分ほど話をさせていただいたが、勢いに圧倒され意気込みのみで終了。
しかし、その後の懇親会で工務店、林業、メーカー、研究者と多種の方と話ができ、大変楽しかったです。福井さんの人柄、ネットワークの大きさが感じられました。
e0079013_1951735.jpg



9月12日(月)
第10回国際住宅建設・性能保証会議に参加(@京王プラザホテル)。
この会議は3年に1回開催している。建物の保証を考える世界会議で、前回はカナダのバンフで開催。今回は10回目で初めてアジアでの開催となった。
参加者は300名くらいで、中国、韓国、アフリカにも保証の考えが生まれている感があった。
ランチセッションでは和泉審議官が日本の住宅政策についてスピーチ。いつも資料で見ているデータを外国人に説明するにはこう言うのだと改めて感心。それにしても和泉審議官は流ちょうな英語でスピーチしていた。
[PR]
by sarex1 | 2005-09-20 18:24 | 審議会

理事長ブログ始めました

1週間~10日に1度の割合で更新を予定しています。
青木理事長から見た業界の動向、また出席している委員会などからの情報をライブ感覚でお届けします。
お楽しみに。
[PR]
by sarex1 | 2005-09-15 17:40