<   2005年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11月中旬のうごき

11月14日(月)
今日から新しい経理の女性が出社。
一週間で現経理と引き継ぎのため、朝から晩までパソコンの前で顔を突き合わせ、真っ赤な顔をして頑張っている。今週は大変な一週間になると見た。
経理事務のできない社長は気楽なものです。

11月15日(火)
夜、新宿で藤澤先生の退任の集まりがあった。
藤澤先生は工務店・大工を同じ目線で見てそれを学問にできる私の知る限り唯一の学者と思い、20年お付き合いいただいている。これからも健康に気を付けて公私ともご指導していただきたいと思います。
それにしても番匠塾から始まり、全建連、SAREXと工務店の集まるところの中心に必ず先生がいらっしゃる。

11月16日(水)
取引先でもあり、その職人肌が大好きな新潟の十日町の建具屋さんから「十日町の特産展を元麻布で開いている」と連絡があり、見に行く。
立派な織物、書の中に色々の木材を貼り合わせた花瓶、置物、お盆が並んでいる。
ちょうど本人もいて、青木工務店の建具に使ったチーク・カリン・タモ等も使っているとのこと。うれしくなる。
こんな美的センスのある建具屋さんに作ってもらっていたんだと思うと、なんだか青木工務店の角が上がったような気がした。
残念なのは73才で木工の方の後継者がいないことだ。
本人は謙遜して「趣味の世界」と言っていたが、立派なものだ。
それにしてもこんな特技があることを知らなかった。職人の真髄に触れた思いがした。

11月17日(木)
SAREX理事会。
名古屋の阿部建設㈱さんと㈱イトコーさんの入会を承認。強力な仲間が増えた。
理事会終了後、公開講座。
建築写真家の垂見先生の写真の写し方講座。
長いこと職業として写真を撮り続けてきた人の話は、昨日の建具屋さんに通じるものがあった。
大きなカメラは体力勝負。35m/mリバースフィルムが中心。好きなカットは時間をかけて。形だけではなく色と光が楽しいカットも。ホッとする写真も。白熱灯は豪華に見える。太陽光は時間をかけて待つ。白い壁の時はさらに一絞りするといい。写真に決まり事はない。自由に撮ると楽しい。好きだと楽しい。
ノート4P分もメモしてしまった。肩肘張らずに大変良い話でした。
やはりプロは違う。

11月18日(金)
午前中、現場をまわってから住団連のシンポジウムに行く予定で会社を出る。
三ヵ所目をまわったところで同級生の設計家と会い、次の設計している図面を見ながら打ち合わせ。
気が付くとギリギリの時間。あわてて車に乗ると携帯に電話。私が担当している地主のお客様からで「企画通り確認申請を進めてくれ」とのこと。
たちまち工務店のオヤジの姿に戻り、シンポジウム行きは中止。会社に戻って準備をする。
この気力がなくなったら工務店のオヤジを辞める時だと思う。

11月19日(土)
今日は経理と雑務の社員の送別会の日。私はこういった類の会には毎回出ないが、大工・社員はほとんど全員参加。
2人とも体調を崩しての退職なので残念。特に経理は前任者が定年退職後、約10年も儲からなくなった会社を支えてくれた。
コンピュータが得意だったので、社内のハード・ソフト・LAN関連のレベルは急激に上昇。結果、私と建築部長は取り残されたが…。
今日は一日会社にいて、年賀状の原稿作成。
来年で5年目を迎える自慢レターの見直し。
朝、富士ひのきから9㎝角が入荷。
今までKDと書いてあったのにSDと書いてある。勝手にSUN DRYと理解し、含水計を当てると15%くらい。
電話すると「新しい表示方法で、人工乾燥はSDで天然乾燥はDRY○%と表示するように決まった」とのこと。
「SDは何の略?」と聞くと「わらからない」と。
工務店と国産材業界のコミュニケーションはまだまだと思う。
建築知識から窯業系の面材のメリット・デメリットについて2000文字くらいで執筆しろとの依頼。丁重にお断りする。
理由1.わからない。理由2.2000文字なんて地獄の世界。理由3.工務店は評価をするのではなく、データによって自ら判断してお客様に勧めるのだ。自分が当事者なのです。
前回のワークショップで丸山工務店の岡田さんが怒ったのはよくわかります。
「自ら判断」する。だからSAREXで勉強するのだと思います。
[PR]
by sarex1 | 2005-11-21 15:08

11月上旬のうごき

11月5日(土)
家内が日光に行ったことがないとのことで、出掛ける。
塩原から紅葉の盛りの道を通って日光東照宮へ。あいにくお茶会(裏千家)の人たちが使用中とのことで中に入れず。でも入場料1300円はしっかり取られる。
観光客の中に外国人が多く、中国・韓国・ヨーロッパ・北米と様々。
やはり世界遺産に登録されただけある。
日光へ行く度に木を保護するために漆喰や顔料塗料で彩色されているのを確認する。
日本の家は、白木づくりとは言うが、昔から100年もたせるためにはしっかりとした塗料が必要だったのだ。
今はやりのオイルフィニッシュはその耐久性に無理があると思われる。早く外部木部に10年くらいもつ塗装方法が確立されればと思う。
Fe2O3(紅殻―ベンガラ)やFe3O4(黒さび)なんか昔から使われていて良いが、白木には仕上がらない。

11月7日(月)
長く勤めていた男性の経理が体調を崩し退職するため、ハローワークで募集。
書類選考後、5人面接。今回は女性のみ。
5人中4人は1人住まいか子ども1人と住んでいる。やはり女性はたくましく生きていると実感。
結局、家族持ちの50代の女性を採用する。

11月8日(火)
ジャパンホームショーに毎年会っている人と年に1回の再開のために行く。
20年近く付き合っているシアトルの輸出業者(2代目)高橋 元 氏が仕掛けたエコスの会、SAREXメンバーのプレイリーホームズ、タニタハウジングウェア、笠原木材、ハシバ920 他、頑張っている姿に刺激される。
SAREX型完成保証制度づくり検討委員会に出席。

11月9日(水)
I.S.Oの内部監査。
経営者の担当部分を午前中にガッチリ質問される。
結論。工務店は経営者の考えを伝える現場監督(代理人)の素養で決まる。
現場施工計画、予算計画と全て事前に組み立てられることが必要。

11月10日(木)
秋田県から木材関係2名と県の職員3名とで秋田杉のめーけっと調査に来る。
15年前から秋田杉に対して言っていることを再び言う。
1.寸法
2.乾燥
3.天杉以外の造杉の品質のバラツキ
4.価格 
今売ろうとしているのは天然杉(秋田杉)でなく造林木である。イメージだけで売れるほど一般の工務店は残念ながら木に興味はない。
でも、日本は杉をなんとか使わなければならない。

午後、全建連アドバイザー会議
このアドバイザー会議は日本で唯一の工務店組織、全建連を活性化するために藤澤先生を委員長に組織され、国交省、公庫、保証機構、その他有識者で構成されている。
来年度、家をつくっている工務店への情報発信について、全建連として改革が必要との意見が出た。
人材育成、住まいのメンテ、耐震、省エネ、国産材…全て工務店の仕事だと思います。

11月11日(金)
社員の結婚式。
芝浦工大の藤澤研究室出身のため、芝浦のOB同級生10人、先生と若者中心の結婚式。
最近出席する式はほとんど教会式で、新婦はウェディングドレスを着てエスコートされて出てくるが、やはりその方が女性が美しく見える気がする。
今後、専務の片腕と期待する若者で、これで落ち着いて仕事を覚えてもらいたい。

11月12日(土)
中野工務店の中野さんに頼まれて、中央工学校の同窓会でシックハウスとアスベストについて話す。
日頃からお世話になっている中野さんからの頼みなので、喜んで軽井沢の研修所へ。
中野さんは100年も続く中央工学校の同窓会の会長をされていて、集まった人は中央工学校の先生や卒業されて成功した人が中心。
プレッシャーの中、無事終了。

11月13日(日)
今日は商工会議所主催の大和市産業フェアー。役員として1日参加。
各種団体の宣伝ブース、製品紹介、と6~7万人の参加あり。
毎年青木工務店として出展したいと思いつつ、出せない。
結局私の代ではできなかったことの1つとして、次の代に託すしかない。
[PR]
by sarex1 | 2005-11-15 16:02

燃やしながら考えること

先週末(10月29日、30日)塩原へ先々週イタリアで買ったクロッカスの球根とチューリップの球根を植えに行ってきました。
来春イタリア製の花が咲くのが楽しみです。
ついでに、先月切った枝を小型の焼却炉で燃やしてきました。
大量の落ち葉と枝を燃やしながら、木々が大気中のCo2を固定したこの重さの半分の重量のCO2を大気に戻しているんだと……。
100kg燃やせば50kgくらいのCO2が大気に戻るのだ。結構な重さである。
来年からはこれをたい肥にすれば、出てくるのはCH4(メタンガス)。
CO2が出ない肥料にすれば、野菜が一部のCを吸収して、人間が食べ、呼吸でCO2として一部大気に戻る…。
やはり今後はたい肥にしようなんて考えながら燃やしていました。
…ばかですね。
[PR]
by sarex1 | 2005-11-02 18:26