<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

充実の現場監督鍛錬塾!(06.06.05~06.09)

e0079013_14285473.jpg

6月5日(月)~9日(金) 現場監督鍛錬塾
木造住宅を主体とする工務店で、SAREXメンバークラスの社長はよく勉強している。また、営業系の社員も情報を得るためにセミナー等に参加する。
しかし、ものづくりの一番重要な職を担当する現場監督に対して、一定の教育をすることはほとんどなく、先輩たちの見よう見まねで技術を身につけていく。
かねがね、監督が身につけていなければいけない技術、安全等の統一した基本マニュアルがあるはずと思っていたところ、ISO9001を自立取得し、コンサルと戦い、自らの長い経験をまとめてくれた人がいました。長森建設の長森社長です。
私の会社も長森さんに指導していただき、ISO9001を3年前に取得しましたが、長森さんの資料の方が遙かに役に立ちました。そしてそのマニュアルを理解し、実践した監督とできなかった監督の実績に大きな差ができました。
今回、その資料の公開をしていただけるとのことで、是非SAREXのメンバーにも享受してもらいたいと思い、呼びかけました。今回は意図するところが伝わりきらなかったことや各社の意向もあり、11名という参加人数になりましたが、多分監督のみに対する合宿教育は日本で初めての試みです。
この11人の意欲ある各社の代表の監督が実績を出して、後期再び集合することを期待しています。

6月5日(月)
11:30よりオリエンテーション。青木、長森、野辺、下島の実行部隊+11名の各社監督。2~3年目の若手から20年選手のベテランまで。
私は「講習で技術・知識を習得することが第1の目的だが、この11人との情報交換も今後の仕事に役立つ」と説明。
午後からは「住宅品質管理とは」「施工計画書とは」を長森さんから講義。
この講習は、基本は技術習得の勉強会。まさに授業である。居眠りする者も一人もいず、今時の大学生とはやはり違う。経験をマニュアルにすることの必要性を理解しているのだ(意外と書いていなかったのは現場の作業日報)。
夜の部は家づくりの達人、駿河工房の今井社長の家づくり教室。
まず冒頭、各自に「なんで現場監督になったの?」との問いに各自戸惑っている。ほとんど全員考えたことがなかったのだろう。

6月6日(火)
施工計画書、仮設計画書の実務演習。私は昼頃から参加したが、全員顔を真っ赤にして取り組んでいる。
午後からは山辺さんの講義があるので、午前中で一応の形を作る。監督はいざとなるとなんとかまとめてしまう。全員仮設計画書は作ってあった。さすがと感心(なにせ、今回初めて「施工計画書」という言葉を聞いた人がほとんどなのだ)。
午後、図面と計画書を長森さんとチェック。
夜の部は全員施工計画書の続きを自習。私たち実行部隊は講師と懇談。

6月8日(木)
田中工務店の田中社長の「ブログの作り方教室」。11人全員で非公開ブログを立ち上げ、情報交換することを約束。
最後の夜はレストランで懇親会。3時間の間、いろいろと話す。全員、顔が生き生きしているのが印象的だった。
e0079013_14314879.jpg


6月9日(金)
上期修了式で全員発表。入塾式で書いてもらった文章とは格段の相違。
5日間勉強漬けなんて初めての経験だと思う。全員、施工計画書と日報(日報を1年以上真面目につけると、作業分解、材工がわかるようになり、技能者・技術者の能力差がきっちり出てくる恐ろしい書類なのです)、安全管理の必要性を言ってくれたのは嬉しい。
全員で記念写真を撮り、終了。

監督の仕事の大部分は計画と予測。このマニュアルを完成させたい(もちろん長森さんの許しがあれば)。
今回の鍛錬塾のような実務勉強会には今のメディアは反応しないのだということも実感した。
とにもかくにも、充実した4泊5日間の現場監督鍛錬塾でした。
[PR]
by sarex1 | 2006-06-12 13:52

総会、大いに盛り上がる。(06.05.24~06.02)

5月24日(水) 総会
理事会
総会前の理事会。久しぶりに8名出席。決算、予算、事業計画の打ち合わせ。昨年はおかげさまで黒字で、設立時からの累損の一部を消せる。ありがたい。
総会は80名近い参加者。会員の80%出席で盛大に行う。SAREXの存在意義は正確な質の高い情報と参加する人々のレベルの高さ。場所を提供してくださっている雇用能力開発機構の方もびっくりしていた。
e0079013_18371237.jpg

工務店が元気にならなければ日本は良くならない。山田先生、藤澤先生、蟹澤先生、田口先生、小野先生、講演ありがとうございました。
懇親会は韓国料理で大いに盛り上がる楽しい1日でした。

5月25日(木) ワークショップ
e0079013_18393776.jpg

田中工務店さんの完成建物見学。SE工法の木3。「この辺は関東ロームなんて見たことがない。ほとんど地盤改良が必要」の言葉に、先進的工務店が感じられた。たぶん一般には2階建てくらいなら布基礎でやっている工務店が多いはず。
その後、田中さんの事務所でブログの活用の実際の説明。私は正直言って、ついていけないところだらけでした。……だからバトンタッチしたのだが。
場所をアビリティガーデンに移して、大和工務店の後関さんが段取りしてくれた耐力面材3社(ダイライト、モイス、かべ震火)の合同説明会。たぶん3社が一堂に集い、うるさい工務店の前で説明するのは珍しいのではないかと思う。
e0079013_18404692.jpg

冷静に説明を聞き、冷静に判断したと思う。ほとんどどれかを使っている工務店なので、使っていなければ一般的な質問が多く出るが、使っているので自分なりに納得している。さすがSAREXの工務店は大人だ。
後関さん、コーディネートありがとうございました。

5月29日(月)
先代がお世話になった方の奥様の葬儀に清水へ向かう。
帰りに90歳の一人暮らしの叔父が作っているグリーンピース畑で2人で30分くらい収穫。グリーンピースは収穫時期が短く、料理の種類も決まっていてやっかいな野菜だ。
その後、一番若い叔母の所に寄る。若いといっても70歳代。ご主人はみかん作りの名人。静岡県の最優秀賞を毎年もらっている。私も畑を作っていろいろ勉強しはじめたと言うと、今までみかん作りの話をしたことがなかったのに、いろいろ話してくれた。
果物は太陽の光で糖度が決まるので、みかん、ぽんかんの下にはタイベックシートを敷いて、下からも太陽の光を当てている。そして、水は通さないけど水蒸気は通す。
ほとんど家づくりと同じことを言っている。私が「畑で土のPHメーターを使っている」と言ったら、「みかん、ぽんかん、野菜も土の酸性度、アルカリ性度で適・不適が決まる。これはどんなに肥料をやってもどうしようもない……」。
やはり人より優れた人は物事を化学的に考え、データに基づく結果を出しているのだと、改めて尊敬した。肥料のこと、土のこと、(化学的に)いろいろ聞ける人が身近にいたことを発見。

5月30日(火)
全建連総会。SAREXも全建連の団体の1つだが、私と全建連のつながりを書いてみる。
全建連は国が認めた工務店経営者の団体として30数年前結成され、現在50団体ほどの支部で構成されている。
私は木造住宅振興室ができた時から全建連の委員として、当時の建設省、住・木センター、住宅金融公庫の委員会に出席してきた。せっかく貴重な資料が手に入っても、家をつくっている人(工務店)以外の人々にとって、ほとんど必要とされない、またその資料が流れるシステムがない。北米のNAHBのような組織がなぜ日本に存在しなかったのだろうと疑問に思っていた。
7年前に副会長になり、家をつくっている工務店のネットワークを作るため、いろいろ動いてきたが、力不足のため成果が上げられなかった。
昨年、岡田会長に私案として「このままでは工務店は取り残され、現存する住宅のメンテナンスをすることはできない。これではストック重視の国の方針に工務店は受け皿となれない。もちろん大手メーカーのほとんどは在来木造のストック、断熱、耐震、バリアフリーのことなどは考えていない。これは元気のある工務店の役割だ」と直訴した。会長は「私もそう思う」と言ってくれて、全建連工務店10,000社ネットワーク構想が生まれ、理事会、総会を通り、全建連のメイン事業となった。
まず、各団体を通じリストアップ、アンケート調査をして、情報が直接工務店に伝わるシステムを考え、日本の50%以上の家をつくっている工務店の要望を国の施策の参考になるようにする。そうすれば、30年くらい前に出現した住宅メーカーのものまねで仕事を取ることもなく、化学メーカーが作った新建材の取り付けをさせられることなく、工務店の目で使いやすい、メンテのできる日本の国の環境に合った材料で家づくりができるようになる。この30年間に我々が使ってきた建材は、ほとんど否定されている。
SAREXの結成の理念には、工務店中心の家づくりがある。これを全建連にも広げていきたいと思う。

5月31日(水)
社会資本整備審議会、基本制度部会に出席。建築士制度の見直しについて、
・免許の更新制:他の資格との比較
・免許の講習制:宅建等
・建築士が構造を確認できない:構造
・意匠、構造、設備に分化:規模にもよる
・法規制はどこまで踏み込むか:やりすぎてもダメ
・設計責任:業との関係、責任がとれるか
・倫理教育が大切
・建築士の団体加入義務付け:信頼のおける団体に
等が出る。次回は全戸瑕疵保証の義務化が議題。

6月1日(木)
住団連総会パーティー。さすが住団連。虎ノ門パストラルにて、北側大臣他28名の議員、国土交通省山本局長、和泉審議官他大勢。関連団体300名くらいが参加。
和田会長(積水ハウス社長)より「消費税アップに対して住宅を特別に考えてほしい」との要望。
※住団連は現在、全戸瑕疵保証義務付けに反対しているが、全建連としては賛成の立場をとっている。保険の形は未定であるが、消費者の立場、また責任ある工務店の立場から10年、20年の瑕疵保証は必要で、そのための保険システムは確立してほしいのが理由。大手は自社で、工務店は保証なしの現在の構図では、消費者に理解は得られないと思う。

6月2日(金)
昔、神奈工の建築を出て、番匠塾1期生として入社し、2年間監督見習いをやっていたが、サッカーで傷めた半月盤がダメで断念。退社して7年間運送業界にいた末次君が再入社。きっかけは今年の初め、両親の家の増改築の依頼があった。20代の若い建築係がほしいと思っていた私は、思わず彼の笑顔が思い浮かび、担当者との打ち合わせの時、ご両親に「建築に戻すつもりはありませんか」と問い合わせた。特にお母さんは大乗り気で本人に何度も電話をかけてくれたらしい。
本人と7年ぶりに会い、あの笑顔を確認。本人もその後何回か住宅の現場は見たが、青木の仕事とは比べようもなく魅力がなかったとのこと。青木洗脳の犠牲者だ。きっと頑張ってくれると思う。
[PR]
by sarex1 | 2006-06-05 18:34