杉板を外壁に(06.04.29~05.20)

4月29日(土)~5月7日(日)
会社はカレンダー通り9連休。少し長すぎるかも、とうしろめたさもあったが、塩原の山小屋へ家内と愛犬クマを連れて出張。畑を増設。
30坪を越えたので、小型耕運機を購入。トウモロコシ、ナス、トマト、キュウリ、レタス、スイカを植える。先月植えたジャガイモ、ニンジン、長ネギ、サヤエンドウ、パセリ等で10何種類。たい肥が足りないと思い、150リットルのコンポストを購入。これで万全。
今回、長年の夢だった土手の遊歩道を作る計画。2人で力を合わせ(但し力仕事は家内)約50mの遊歩道が完成。土手の道から植物を見ると目線で見られ、より親近感がわく。木の根を掘り起こし、土留めをし、石を取り除き、土を運び、ほとんど新聞もテレビも見ない日々を過ごす。2人共60歳を過ぎての力作に自己満足。

5月8日(月)
SAREX事務局で「外壁を板に」のプロジェクト委員会。小野先生を中心に8名で打ち合わせ。いろいろ専門的な意見、認定費用の問題などを話し合う。
このプロジェクトは、杉を外壁に使うという重要な問題なので、是非成功したい。

5月9日(火)
CASBEE委員会に出席。チェックリストができたので、ケーススタディーを行う。環境に対する影響を点に換算するのは、慣れてないのでむずかしい。
基本は、作るまでは自然素材で手づくり。ランニングコストは、断熱・気密を良くし、水を大切に、自然エネルギーを取り入れて、解体時には大地に還る素材で作るのが最適。つまり、木造在来工法で、出来るだけ自然素材を使い、省エネルギー、水を大切に、環境を生かした家……SAREXのメンバーが目指している家だ。この家のCASBEE点が悪ければ、データが間違っていると思う。

5月10日(水)
国交省プロジェクト、アスベスト含有建材の検索システムのヒアリング調査。
我が社の昭和42年頃の図面、仕様書、見積書を資料室でシステムと対比。
30~40年前には、アスベストを多く含んでいることが良い建材で、耐火、防水、防腐の必要なところにはかなり使われていた。呼び名も大平板、石綿板、セメント板、スレート板、パーライト板等、いろいろ。
幸いなことに、木造の場合は使用場所が限られている。

5月13日(土)~14日(日)
大和市民まつり実行委員会の役員のため、2日間参加。土曜日は雨で10℃くらいしかなく、寒くて来場者も少ない。
日曜日は天気も良く、パレード、御神輿等が出て、数万人の人出で賑わう。午後に野外音楽堂(当社施工)で行われた第7艦隊の演奏はすばらしかった。
50年前、大和の小学校には、毎年1回厚木基地の軍楽隊が来て演奏してくれていた。その時の彼らのラッパの音のすばらしさが印象に残っていたが、やはり今聴いてもすばらしい。トランペット、トロンボーン、サックスは体力だ。

5月15日(月)
社長と丹沢の山奥にある古い民家の改修の打ち合わせに行く。お客様の先代まではここで生まれたが、その後先々代のおばあさんが一人で家を守ってきた。柱勝ちの折置式小屋組の民家で、屋根が波を打っていて、室部が最大15cmくらい下がっている。
天井裏に上ると、母屋、タル木が細く、古い民家に共通しているが、関東大震災時の胴差し鴨居上の補強がしてある。不陸をジャッキアップで直し、補強すれば十分使える。このプロジェクトは私の役目だとはりきる。

5月17日(水)
久しぶりに中央木材市場へ出掛ける。社長が来ていた。手に伝票を持っている。セリに参加したらしい。
途中で社長は帰ったが、その後私もかなりの伝票を持っていることに気づく。せっかく整理した倉庫がまたいっぱいになる。
買う時はお客様に自慢できる材として買うが、買いすぎると片付けが大変。
それにしても、昔から比べると国産材は安くなったものだ。やはり工務店は国産材を使わなければ。これは義務だと思う。

5月18日(木)
松下エコの広石氏の誘いで、住宅新聞の宮澤さんと4月発売のミストシャワーの説明会へ。
一通り説明を受け、体験入浴ということになり、背広を脱いで浴室へ。ミストが細かいため、中で新聞が読める。15分くらいで汗が出てきて、20分でびっしょり。
本当は30分体験すると良いらしいが、20分で出る。確かに肌のケアーには良さそう。リューマチを持った肌の健康を気にする女性向きかな?
まだガス、石油のみ対応で、オール電化向きは開発中とか。値段からいっても使えそう。

5月19日(金)
アスベスト検索システム委員会。かなりできてきたが、どうやって使うかの問題になる。
解体の分野の人は、入っている場所をある程度特定して施主・工務店に工期、価格を理解してもらうのに使うとのこと。
工務店側としては、増改築の際、ある程度特定してレベル3の工法を順守する。できればアスベストが入ってない建材もわかると助かる、と意見を述べる。

5月20日(土)
安全大会を兼ねて研修会、社長交代披露を行う。100人ほどの社員、大工、協力業者との基本契約書を取り交わした後、新社長の所信表明。初めて公式に協力業者の前での話だったからか、めずらしくアガっていた。それだけ真剣に考えていると、たのもしく思った。
その後、藤澤先生による工務店の戦後史。保証機構だよりに毎月書いているので、資料豊富で我が社の100年の歴史の価値を講演していただく。
工務店のことをこれだけ研究して、同じ目線で考えてくれる学者は先生以外にはいないと思います。工務店の経営で迷ったら、顧問の藤澤先生に相談することをおすすめします。私は職人育成、社員育成、後継者等、この20年ご指導いただいてます。
[PR]
# by sarex1 | 2006-05-26 11:12

工務店の利益は現場監督が作り出します

4月15日(土)
N.P.Oまちづくり助っと隊の紹介。
平成15年にできてIBEC(建築環境・省エネルギー機構)の中にある。
メンバーは国交省OB、学者、設計事務所、建設会社のOBなど。主に各分野の専門家が今までの経験と知識からアドバイスして行政への橋渡しをする集団です。
私も適当な歳になったので誘ってくださったと思っています。
現在の活動は、(1)住宅性能委員会(2)景観まちづくり委員会(3)マンション再生委員会とあり、私は住宅性能委員会に属し、性能表示制度を戸建て注文に普及させるためのヒアリングをしています。
これだけ国が力を入れているのにもかかわらず数パーセントの普及率なのは、きっと原因がある。
かく言う私も審議会、普及委員会に属し、促進アドバイザーになっている身ではあるが、初期の段階で設計評価のみを2件、設計評価、建設評価を1件やったのみでビジネスモデルにならずにいる。
注文戸建て木造というのは、工事が始まってから密に打ち合わせをしてつくり上げていくという側面がある。そのある種の文化とも言える部分から抜け出せないのだ。どうすれば性能表示制度に適応するのか…。お客様からは要求されないし…。瑕疵保証保険には入っているし…。
でも、国交省は今回の耐震偽装問題で再び力を入れる様子。対応できるようにはしておかねば。

4月18日(火)
大和市で古い民家を買い取り、再生させた。
その家で市と商工会議所が主催して古来よりある「タイマツトボシ」という結婚式を開催。
市民の一般公募で一組の若いカップルが選ばれ、市長・会頭夫婦がそれぞれ仲人を務める。
花嫁さんを仲人夫婦が家に案内するのだが、入り口の前のたいまつの間を通ることから由来のようだ。多分「もう戻れない」という意味を持つのだろう。
参列しながらも、セレモニーそのものより家を見ていた。大黒柱はケヤキ、柱は杉、梁は地松で土台はヒノキ。材料は地域材のため、あまり良くない。
良くない材料というのは一度バラすと狂って仕口が合わなくなる。民家の再生で一番苦労する部分だ。今回も大分苦労したらしく、あちこちに新しい材料が使ってある。
今回のようにそのままの間取りで再築する場合でも大変なのだから、間取りを変えたらもっと大変だ。結局は梁の一部、柱の一部、建具くらいしか使えない。
私は民家づくりをやる場合には旧木材は一部の化粧にのみ使い、それ以外は同じ寸法、同じ仕口の乾燥した材でつくるのがいいと考える。
伊勢神宮式が在来工法の伝承には役に立つと思います。
<関連記事>
http://www.townnews.co.jp/020area_page/03_fri/01_yama/2006_2/04_14/yama_top1.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kanagawa/news/20060419ddlk14040172000c.html

4月19日(水)
「日本に工務店の国体を作りたい」というテーマで全建連の特別委員会を開催。原案作りの打ち合わせ。
元請けをやっている工務店は売り上げの大小や新築・増改築等の数、その前身は問わずに工務店宣言をしてもらい、まずリストアップ。
工務店を経営していくための情報を適切に伝達し、その上で相談窓口ができれば、第一段階としては成功。その後、仲間意識が芽生えれば、消費者・行政・メーカーと連携できてくる。

4月20日(木)
SAREX工務店力向上ワークショップ。今回も熱心・勉強好きな仲間が30人以上集まる。
まずは長森さんが中心になって6月と11月に「現場監督鍛錬塾」が合宿形式で開催されるという話。木造の管理の基本マニュアルを作りたいと思います。
私は会社の利益は監督が作り出すのだと思っています。メンバーのみなさん、是非参加させてください。
その後、野辺さんの工務店のタイプ別分析。適切で面白かった。私も当てはまります。こだわりが強くて、経営能力なし…。
e0079013_12161131.jpg


4月21日(金)
N.P.Oまちづくり助っと隊の委員会へ出席。性能表示制度のヒアリング結果の検討。
メーカー、工務店、評価機関にアンケートをしたが、在来戸建ての分野は対応がむずかしいという結果が出ている。
その後、米澤氏により約2時間、構造の安定の講義と計算が行われる。
20人位いる学者や国交省OB、メーカーOBの人々が汗をかきつつ計算。最後に米澤氏「こんなやっかいなこと、みなさんやりますか?」とひと言。

4月22日(土)、23日(日)
大工、監督、職方の「足場の組立て等作業主任者技能講習会」
現場に必要な資格は「玉がけ」「木建」「足場」の3点セット。先週は日、月で玉がけを取らせたので、これでOK。

4月24日(月)
病院で定期検診後、野辺さんと雇用・能力開発機構へ向かう。助成申請に対するヒアリング。
こちらは3人、機構側は7人。
SAREXの概要説明、活動内容、メンバーの雇用状況などを話す。皆さん工務店の実態はほとんどわからないので、興味深く聞いていた。
その後、国交省。社会資本整備審議会建築分科会基本制度部会に出席。
建築士制度が大きく変わりそうです。来月の総会またはワークショップ時にメンバーのみなさんへ説明し、意見を聞きたいと思います。

4月26日(水)
昼食を食べながら暮れから年始にかけて大病をした40年来の友人への快気祝いを3夫婦で行う。
お互い60歳を過ぎるとカミさんがいなくては何もできない。3人とも大病をしているのでなおさら。
私は飲めないが、友人2人はワイングラスに手が伸びる。だが、ある一定のところで「ワイフストップ」がかかり、諦めていた。昔なら考えられない。
話題は家族のこと、健康のこと、植木のこと、食べ物のこと…と平和なひとときを過ごす。
2人とも本人はもちろん、兄弟、親戚の家を何軒も建てさせてもらっているが、また「息子の家を頼む」と言ってくれた。ありがたい。
[PR]
# by sarex1 | 2006-04-27 12:12

SAREXに新しい仲間が増えました

4月8日(土)
朝から長男とホームページ更新。青木工務店のお客様はほとんどがホームページをプリントアウトして来社される。若い人は自分で、古い顧客は孫にプリントアウトしてもらい―私の応対するお客様は昔の写真を懐かしがって見てくださる…。
というわけで、55年間勤めてくれた大工に頼んで古い写真を持ってきてもらい、ホームページに載せた。先代が初めて買ったクロガネのツノ付きオート三輪車、旅行写真、工事写真等、工務店を長く続けることは大変であるが、お客様と歴史を作っていける楽しみがある。

4月10日(月)
19:00国土交通省で打ち合わせ。アスベストの検索システム作り。帰りは21:00過ぎだったが、まだ大勢の人が仕事をしている。さすが中央官庁はよく働く。5月になったらテストランをSAREXメンバーにしてもらわなければ。

4月11日(火)
身障者の水廻り及びバリアフリー工事の打ち合わせ。今日は市役所、リハビリテーションセンターから事務方、建築、ケースワーカー、5名が来て打ち合わせ。
私は業者の立場で、初めから補助金目当ての悪徳リフォーム業者として対応。大切な税金を使い、近頃のマスコミを騒がせている悪徳リフォーム問題があるので、もっともの話であるが、まじめに仕事をしている工務店にとってはやりきれないところがある。なんとかしなければ。
だいたい地域で長く仕事をしている工務店にとって一番怖いのは悪評なのだ。なんで自分から悪評の立つようなことをするのだ。
とは言っても、知識・情報不足からお客様に今ある最良の提案ができないことを恐れ、本を読み、セミナーに参加し、ショールームを見、そしてSAREXに加入するのだ。

4月12日(水)
理事会。正会員加入3社、準会員加入1社、資材会員加入1社と順調。
みなさんSAREXはまじめに家づくりをする人々の集団と理解し、入ってきてくれる。資材会員も売り込みより勉強の立場で入ってくれている。仲間が増えることにより、情報・体験の量が増え、家づくりに活かせる。とにかくメンバーは全員まじめ。

4月13日(木)
県木連のウッドフォーラムのセミナーに長森さんと参加。(財)日本木材総合情報センター 木のなんでも相談室長 岡野先生の「木材の基礎知識-構造の秘密」という題で2時間半講義を受ける。
先生の話の中で「普段、木に接している材木屋さんはわかると思いますが」という言葉が度々出てくる。木の心材、辺材、育ち方、導管、年輪等の話は、来場の木材業者の人はほとんどは実務と離れて仕事をしている(工務店も同じ)のだが、少なくとも自然素材、国産材、葉枯らし等の言葉を使って仕事をしている人は常識として知っていなければならない知識だと思う。一度、SAREXの仲間にも聞いてもらいたい内容だった。

4月14日(金)
6時から倫理法人会のセミナー講師として参加。40年前の野球部の合宿を思い出す雰囲気。JC、ロータリー、ライオンズ、会議所、青年部と似た雰囲気だが、数段まじめ。だから知り合いの工務店経営者が入っているのが理解できた。私は早朝は薬を飲んでいる関係で無理だが。
因みに、セミナーの題は「地球温暖化とバイオマス」という話で、全てのエネルギーの源は太陽エネルギーで、これは核融合エネルギー、地球上ではバイオマスと核分裂エネルギー、外国材と国産材と京都議定書等の話をする。
[PR]
# by sarex1 | 2006-04-14 18:58

面材戦争が熾烈化

3月29日(水)
16:00~建材試験センターで国交省のアスベスト含有建材使用状況評価システムの委員会。
村上委員長のもと、各界の実務者レベルで活発な意見交換。戦後の住宅の仕様書とアスベスト含有建材を見つけ、解体処分時の参考にする。
4月になったら評価表を実際に使っての検証をする。SAREXメンバーの出る時だ。

3月30日(木)
商工会議所総会に出席。
毎年、市長から市の計画について講演をしてもらう。今年は第7次総合計画がスタートするが、やはりお金がないのがわかる。
会議所で進めているシビックセンター構想の座長をやっている。商工業者が集まって夢を語り、街をどのように再構築するかを検討しているが、今のところ市が5,000坪の敷地を貸してくれることだけ決定している。先は長いが道筋だけはまとめたい。
夜、会議所の職員の定年退職送別会がある。私より1年後輩。もう年下が定年を迎えるのだと思うと感無量。

3月31日(金)
三菱商事建材が建築知識、例の日経アーキテクチュアとホームビルダーの別冊、立派な写真入り小冊子などを持ってくる。
私に何かコメントを言わせたいらしいが、断る。メーカーも熾烈な戦いをしている。
私は木材、建材を確かめて、お客様に今できる一番よい家をつくらせていただいている工務店のオヤジで、評論家ではないのです。

4月1日(土)~2日(日)
塩原の瓦工事が終わったので、見に行く。
ガルバ波板と手葺の納まりがうまくやってある。
コンポストに広葉樹の落葉を入れてたい肥を作っているが、N(チッソ)分が不足する。魚肉の残りを入れると良いのだが、あまり食べないので残りかすが出ない。鶏糞は抗生物質が多い。牛糞は狂牛病の薬を使っているかも。
ホームセンターで豚の糞を見つけ、これは多分安全だろうと思いコンポストに入れる。これでタンパク質の豊富な枝豆が育つ。
5年前から定住計画を立て花木を植え始めたが、苗木を買って植えても4~5年は木に力がなく、花がうまく咲かない。
4年前に植えたソメイヨシノ20本が今年は花芽を一杯につけている。今年こそ花の下で写真を撮りたい。
イタリアから昨年空輸したクロッカスが黄色と紫の花を咲かせている。チューリップも元気に育っている。

4月3日(月)
社長と「青木宏之」さんの弟さんの所へ木造アパートの大改造計画を提案しに行く。
実は6年前、当時新進党の衆議院議員の「青木宏之」氏が審議会の報告書に載っていた「青木宏之」という私の名前を見つけ、電話をかけてきたのをきっかけに「青木宏之の会を作ろう」と全国で百数十名リストアップして、第1回会合を新橋で開いた。
10名ほど集まったが、有名な人が多かった。
議員の青木宏之氏から「この中で奥さんの名前が“きみこ”の人はいますか」という質問が。私の家内は確かに公子(きみこ)というので名乗りを上げる。
すると「年齢は?」「結婚した年は?」「小さい時は何と呼ばれていた?」全て一致。彼は昭和20年1月20日生まれ。私は昭和20年3月28日生まれ。奥さん同士も同じ「きみこ」で同じ年齢。結婚したのも昭和45年…ということですっかり打ち解け、その後も交流が続いている。
前置きが長くなったが、その時に同席した浅草でプラスチックプレート加工をしている(株)アオキの青木宏之氏の弟さんの仕事。
お客様は耐震性、劣化に不安を持っている。これは古い家を持っている人共通の不安だ。同姓ということで私が担当して企画書を提出。ついでに社長の担当で自宅の耐震診断を受注する。
大建工業の部長が来社。SAREXスタート時からの資材会員だったが、退会したいとのこと。
最近の面材戦争の中、SAREXの会議に出るのがつらいとのこと。ちょうど理事会でも「ダイライトをSAREXの推奨品から外した方がいいのでは」という意見が出ていたこともあり、「仕方がない」と言う。
日本で初めての無機質系耐力面材として私は早くからダイライトを採用し、欠点をカバーする工法を工夫して使ってきた。現在も使用していますが、ダイライトは後発メーカーの攻勢に遭い苦戦しているようだ。
あまり言い訳は言わない、技術的な良い会社なのだが、情報開示の工夫がなく、その点においては遅れ気味で誤解を生んでいる部分がある。

4月4日日(火)
昨年の暮れに中国木材の山本くんに言われて中野さんと一泊で中国木材伊万里工場へ行き、近隣の杉材を見てきた。今日放送される『ガイアの夜明け』の撮影のためだ。
ディレクター、カメラマン、音声の3人組で何時間も撮影したが、映ったのは中野さんの後を歩く姿のみ。
前にも経験しているが、何百倍も撮影して、後でディレクターが作ったストーリーに沿って必要な映像だけをつなげる。ディレクターには木材を使う側の意見より美しい山、木を育てる姿が印象に残ったのだろう。
それにしても大分の山林家(若い後継ぎの女性)の方は寒い中、火を焚きながら林の中でインタビューしていたのに、木を切っている職人ばかりが映り、全然出てこなかった。世話になっただけになんとも申し訳ない気持ち。

4月5日(水)
朝、7~8人の友人たちからメールや電話で「『ガイアの夜明け』に出ていたのは青木だろう」と連絡が入る。みんな結構見ているんだ。
今は富士通の専務をやっているMくんからも「高校時代の面影が残っていたので」と結婚式以来の連絡がくる。
それにしてもTVに映る姿は、私の人生最重量の時のためデブですね。今は8㎏ダイエットで大分スリムになりました。
[PR]
# by sarex1 | 2006-04-07 11:56

よく勉強する、元気な工務店の仲間が増える

3月23日(木)
午前中、病院へ。
10月に25年来の主治医に血液データを見ながら「これ以上薬では無理。10㎏減らさないと責任持てない」と脅かされ、りんごダイエットを開始した。現在8㎏減。先月の血液データは2~3を残し劇的に改善。これであと10年は生き延びれるとのこと。
喜び勇んで全建連理事会に出席。理事会で工務店連合にするための特別委員会設置を決議。
いよいよ日本唯一の工務店組織作りに着手する。日本のNAHB作りに半歩前進。
その後、遅れてSAREXワークショップへ。各社の取り組みの現状発表。
e0079013_1654473.jpg

宇都宮から吉田工務店さんが、東京から岡庭建設さんが来ていて仲間になってくれるとのこと。
このところ毎月仲間が増える。ありがたい。

3月24日(金)
過去50年のアスベスト含有建材の検索システムを作る委員会へ出席。
4月中旬からはSAREXメンバーにモニターになってもらわなければ。

3月26日(日)
昨夜退職祝いをした大工が息子と挨拶に来る。
15歳で福島から出てきて住み込みで先代に大工を仕込まれた。70歳まで、55年間。彼の歴史は青木工務店が会社組織になってからの歴史とぴったり一致する。
彼の「2人の子どもを一人前にでき、老後の蓄えもできたのは青木工務店に勤めたおかげです」という言葉には重みがあった。
私が育てた9名の大工に40年後同じ言葉をもらえるように社長に伝えたい。もちろん私はその言葉を聞けないが。
息子は東電に勤めていて、時々青木工務店のホームページを見ているとのこと。彼も青木工務店のアパートで他の大工と一緒に育ったのだ。ホームページにはみんなの顔写真が載っているので懐かしいとのこと。
4月からはその息子の家に同居するそうだ。

3月27日(月)
日東木材の社長の自宅を公開してTERRA・ラーメン・国産材のテーマで現場見学とセミナーに参加。長森さんと車で出掛ける。
木造ラーメンを取り入れることで広い間口が可能となり、これに齋藤会長の長い間のテーマの柱勝ちの構造を取り入れている。さすがに構造体が上棟しただけ迫力がある。
e0079013_15324479.jpg

齋藤さんのものづくりの情熱にはいつも敬服させられる。
その後、ホテルに移動して設計者、天竜杉の林業家、齋藤さんの話、野辺さんのセミナーと続く。
会場は満席で、SAREXメンバーも大勢参加していた。どこの勉強会に行ってもSAREXメンバーはいる。よく勉強している。

3月28日(火)
61歳の誕生日。
70歳の一人暮らしの女性の方の水回りの打ち合わせに行く。
昼食もいただいて、12時から17時過ぎまでほとんどお客様が話していた。私と社員は聞き役。人生観、生活観、日常の生活がわかって、提案もスムーズに。
[PR]
# by sarex1 | 2006-03-31 15:26